» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

平井理央

フジテレビ・平井理央アナのプロフィールページ

平井理央(ひらい りお、1982年11月15日 - )は、フジテレビアナウンサー、元女性タレント。
東京都出身。身長163cm、血液型A型。東京学芸大学附属高等学校・慶応義塾大学法学部卒。2005年入社。
中学生の頃エクスィード・アルファ・インターナショナルにスカウトされ、モデルとしてデビュー。1998年にはテレビ東京の『おはスタ』のマスコット『OHAガール』の一員として活躍し、ファッション雑誌ピチレモンのモデルもつとめ、テレビ朝日木曜ドラマの『動物のお医者さん』にも準レギュラーとして出演したことがあった。高校時代は、現在お笑い芸人のオリエンタルラジオ中田敦彦と同級生だった。


担当番組
すぽると!
笑っていいとも!(火曜日)
魁!音楽番付
スーパーニュース(月曜日)


05年入社の女子アナではTBSの青木アナと人気を2分割する。担当番組の数を見るだけでも局側の期待の大きさがよくわかる。
昨年は、平井アナは元アイドルということもあってかメディア慣れしているのが新人としての武器だった。しかし、そのような経歴を引っさげて入社したことが気に食わないのか、多くの週刊誌でいじめを受けているという噂が立った。自分は局の人間でないので、そのあたりをあまり語るつもりはないが、担当番組が無いアナウンサーよりも、多くの番組を担当して僻まれるアナウンサーのほうがよっぽど幸せだということは間違いない。

4月から噂通り、「すぽると!」の担当を任されているわけだが、あえて問題点を挙げるならば、「真面目・無難すぎてつまらない」のが一般的な見解であろう。
以前、担当していた「ODA」でもあまりに仕事が早く、かつ的確なために残りの2人がダメな例のようになっていたことも記憶に新しい。
仕事が出来ることは決して悪いことではないが、やはり愛嬌や絡みという要素もTVの世界では必要なはずである。

1146054687-000.jpg

特に「すぽると!」の視聴者層は若い男性が中心であるので、ある意味「癒し」を求めている人も多いだろう。そのことを考えれば、少しどころかたくさんのミスを犯すが、いつも満面の笑顔で迎えてくれた内田アナの方が視聴者に取ってはありがたい存在であったはずだ。
まだまだ担当は始まったばかりなので、平井アナにはいろいろと注文を付けるのは酷かもしれないが、このことを克服しなければ「ポスト内田」のポジションを獲得するのは難しいだろう。

(06/4/12加筆)

「平井理央」の検索ワードでここに訪れる人が多いようなので、最近の状況などについて書いてみたいと思う。
みなさんもご存知のようにフライデーされてしまった平井アナですが、仕事のほうは順調で、当初硬かった「すぽると!」での表情も最近では笑顔を見せるようになり、慣れてきたような気がします。三宅さんも内田アナ担当時のように噛んだ際にはリアクションをするなど、平井アナと三宅アナのコンビも様になってような気がします。

26時間テレビで爆笑問題・太田が平井アナに説教などという記事が東スポに載っていたそうですが、実際のやりとりは下のようなものであったそうです。(太田談)

太田「(初対面で)なんだかスキャンダル出まくってるらしいね」

平井「・・・」

太田「調子に乗ってるからそうなるんだよ」

平井「・・・」

太田「あのスキャンダルで中野が喜んでるらしいよ」

平井「はい・・・」

さすが女子アナキラー太田ですね。他のタレントにもよくこういう冗談を言っているので、自分は驚きませんが、平井アナ本人はビックリしたでしょうね。
そういえば相方の田中をアヤパンに突っ込ませるシーンも26時間テレビではありましたね(笑)

iup233631.jpg


(06/8/13加筆)
スレッド:女子アナ|ジャンル:テレビ・ラジオ
フジテレビ女子アナ08.13(Sun)09:08コメント(5)トラックバック(9)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

女子アナ変顔選手権



ウチのブログに来る方々ならばおそらくご存知でしょうが、この動画を紹介したいと思います(笑)
いやぁ平井アナはやっちゃいましたね・・自分の分析が悪い形で当たってしまいました。あの中野アナでさえ、特別扱いをすることなく思い切りの良い表情をしていたので非常に残念ですね。いくら今が売り出しの時期といえ、これは局の方針としても間違っていると思います。あの写真を使うくらいならば、平井アナの部分はカットしたほうが平井アナのためになったと思いますね。
一方で斉藤アナや宮瀬アナは持ち味を存分に発揮していてとても良かったですね。特に宮瀬アナは今回の件で人気が上がるのではないでしょうか。
意外だったのは戸部アナがいたって普通だったことでしょう(笑)

1148980280101.jpg

こういった企画はまだまだ知名度が低いアナにとって名前を売る絶好の機会だと思いますので、「イメージを壊さない範囲」で続けていってもらいたいと思います。
スレッド:女子アナ|ジャンル:テレビ・ラジオ
フジテレビ女子アナ05.31(Wed)17:21コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

内田恭子

フジテレビ・内田恭子アナのプロフィールページ

内田 恭子(うちだ きょうこ、1976年6月9日 - )は女性アナウンサー。愛称は「ウッチー」。神奈川県横浜市出身、慶應義塾大学商学部卒。身長163㎝、血液型はA型。1999年フジテレビ入社。
ケタはずれの音痴として非常に有名。そのレベルは同じく音痴として有名なSMAPの中居正広を遙かに凌ぐ。しかしながら全国ネットで堂々と歌声を披露した事が数回あり、その勇気は賛辞に価する。また、これまでの仕事で担当割合の過半数を占めるスポーツも得意とは言えないようで、系列局女子アナと逆上がり(鉄棒)に挑んだ番組では1回も出来ず、「ジャンクSPORT」内で行われたゴルフでもユニークなプレーを披露した。


担当番組
感動ファクトリー・すぽると!
ジャンクSPORTS
タモリのジャポニカロゴス
FOOTBALL CX


ご存知、元祖・女子アナ女王。彼女が現在の女子アナ人気を作り出したと言っても過言ではない。
人気が出た後の彼女しか知らない人が多いと思うので驚くかもしれないが、入社当初の彼女は全くといっていいほど人気がなかった。一番ひどい時期では担当番組が当時の「プロ野球ニュース」のレポーターだけだったほどだ。(これは大橋マキという華がある同期入社アナがいたためである)
しかし、状況は急転する。大橋が退社したのである。その際、彼女の担当していた数々の番組をそっくり引き継いだのが内田アナだったのだ。それからの内田は水を得た魚のように持ち前の明るさで人気を得ていった。つらい時期を体験した彼女だからこそ、どんな番組でも一生懸命。それが彼女の最大の武器だ。

ご存知の通り、3月をもって寿退社した内田アナ。フジの公式ページにこんなコーナーが設けられていた。

http://wwwz.fujitv.co.jp/ana/news/060404.html

これを見て絶対、三宅さんは泣いてますね(笑)
しかし、思い入れのある番組が「FOOTBALL CX」だったのは多くの人にとっては意外なところではないでしょうか?
サッカーファンならば、「ケセラセラ内田」としての活躍もご存知でしょうが、一般的にはやはり「すぽると!」のイメージが強いので、驚いた方もいらっしゃると思います。
自分の記憶では中井美穂さんの代役で出た「さんまの天国と地獄」でブレイクしたイメージがあるので、やはり内田アナのフジアナとしてのアナウンサー生活にはサッカーは不可欠なのでしょう。

img20060401210629.jpg

フジテレビアナウンサーとしては一つの区切りをつけた内田アナですが、これからもブラウン管の中に彼女の姿を見ることは多いことでしょう。彼女のこれからの活躍にも注目です。

(06/4/15加筆)
スレッド:女子アナ|ジャンル:テレビ・ラジオ
フジテレビ女子アナ04.15(Sat)21:08コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

遠藤玲子

フジテレビ・遠藤玲子アナのプロフィールページ

遠藤玲子(えんどう れいこ 1982年4月29日 - )はフジテレビ女性アナウンサー。慶應義塾大学経済学部卒。2005年入社。
身長154㎝。血液型A型。左利き。


担当番組
めざにゅー(月~水曜日担当)
O・D・A~ODAIBA ANGEL~


彼女は2005年度入社組において、最もマークされていなかったアナウンサーだろう。というのも彼女は一切のモデル・ミスコン経験がなかったためだ。
近年のアナ内定組にミスコン経験者などの顔が目立つようになってきている中で、彼女は際立った経歴が無い中で内定をもぎ取った。これはアナ志望者の人たちにとって驚きだっただろう。
そんなこともあって、入社直後の彼女はテレビ慣れしていないせいかオドオドする場面が多く、見ていてこっちがハラハラするほどであった(笑)
ところが、そんな彼女が抜群のコンビであった杉崎・戸部のめざにゅーを戸部に代わって担当することになった。
多くの番組視聴者は「戸部アナの代わりが務まるのか?」と思ったことだろう。しかしながら大方の予想を覆すかのごとく、彼女は回を重ねるごとにどんどん成長していき、現在では前任であった戸部アナと比べても遜色ないほどに上手く杉崎さんと絡んでいる。
あのオドオドした姿と現在を比べてみると、今年の新人の中では最も成長した女子アナと言えることだろう。
スレッド:女子アナ|ジャンル:テレビ・ラジオ
フジテレビ女子アナ02.15(Wed)22:57コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

斉藤舞子

フジテレビ・斉藤舞子アナのプロフィールページ

斉藤 舞子(さいとう まいこ、1981年5月2日 - )は、北海道札幌市出身のフジテレビアナウンサー。身長157.4cm。血液型A型。
2004年入社、同期は倉田大誠、高橋真麻。慶應義塾大学経済学部卒。


担当番組
笑っていいとも!
あっぱれ!!さんま大教授
芸能プロフィール刑事


斉藤アナを一言で言い表すとしたら「ア○」だろう(笑)時たま、信じられないような行動にでることがある。
例えば、新人時代に松平健にマツケンサンバについてインタビューしにいった際には「オ~レ~ オ~レ~ ハイ!ハイ!」と松平健に踊るようはやし立てていた。これには本当にびっくりした(笑)



このような暴走キャラであるため、地上波の報道番組に出ることはない。。
しかし、自分的には彼女が持っているポテンシャルは相当なものであると考える。例えば斉藤アナは大学時代にチームジャビッツに所属していたのをはじめ、高校時代は、上越国際予選 競技スキーで13位になるなど、スポーツに非常にゆかりの深い人物である。
それにより、以前のスポーツ選手と交流するような番組では数々の女子アナがいる中で、最も選手から笑顔で迎え入れられていた記憶がある。

斉藤アナはこの春から平井アナの後任として「銀幕会議」を担当し始めた。「銀幕会議」は平井アナの担当していた頃は深夜のいわゆる「いい感じ」の番組であったのに対し、斉藤アナになってからはおしゃれなバラエティといった感じになっている。
ある意味、敷居が低くなったことで共演者のキャラも少しずつバラエティよりになってきている。そこにいるだけでその番組の雰囲気を変えてしまうようなアナはもしかしたら彼女だけかもしれない。

date13274.jpg

最近は「いいとも!」や「さんま大教授」など自分のキャラを活かせる担当番組を持ったことでますますの活躍が見込まれるだろう。

(06/5/1加筆)
スレッド:女子アナ|ジャンル:テレビ・ラジオ
フジテレビ女子アナ02.04(Sat)13:53コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。