» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

#42 

こういう事実をより多くの人に見せる意味でもドキュメンタリー番組クオリティが高い必要があるよね。
特にこの加古隆の音楽は名曲だね。
2006.04.23(Sun)02:10|トムス編集Top↑

#43 

NHKじゃないと思想的にも「中立」の編成が出来ないねw
加古隆さんは白い巨塔でも使われていたけど、やっぱり「パリは燃えているか」が一番だな
2006.04.23(Sun)02:29|RYO編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

映像の世紀

NSDS-9065.jpg

映像の世紀(えいぞうのせいき)は、1995年3月から1996年2月にかけて放映されたNHK放送開始70周年記念ドキュメンタリー番組。NHK・アメリカABC国際共同取材。全11集。熱烈なアンコールに応えて2003年12月に再放送された。現在NHKエンタープライズからDVD全11巻が発売されている。
20世紀は人類が過去の事象を「動く映像」として初めて見ることができるようになった世紀だった。この作品は「動く映像」を通して激動の20世紀を知ることができる貴重な資料であり、様々な教育資料としても利用されている。
世界30ヶ国以上のアーカイブから収集した貴重な映像で描いた作品である。また、山根基世ナレーションによる無駄のない淡々とした進行、メインテーマ『パリは燃えているか』を始めとする、加古隆が手がけたBGMも珠玉で、大反響を得た。

音楽:加古隆 主題曲「パリは燃えているか」
ナレーション:山根基世


歴史ドキュメンタリーとして間違いなく史上最高の番組である。

この番組のオープニングを見たときのあのインパクトは未だに忘れられない・・・自分はもともと世界史好きということもあったが、自分の中にある知識欲がこれほど揺さぶられるような感覚を味わったのは後にも先にも、この番組のみである。



番組内容は上にも示したように、貴重な歴史映像と共に、その当時の人々の手記などを紹介しながら、歴史の真実を紐解いていく。
手記の中から自分が衝撃を受けたものをいくつか紹介してみよう。


第2集 大量殺戮の完成 W・チャーチル「世界の危機」より

戦争から、きらめきと魔術的な美がついに奪い盗られてしまった。
アレクサンダーやシーザーやナポレオンが、兵士たちと危険を分かち合いながら、馬で戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する。
そんなことはもうなくなった。
これからの英雄は、安全で静かで、物憂い事務室にいて書記官たちに囲まれて座る。
一方、何千という兵士たちが、電話一本で機械の力によって殺され息の根を止められる。
これから先に起こる戦争は、女性や子供や一般市民全体を殺す事になるだろう。
やがて、それぞれの国々は大規模で、限界のない、一度発動されたら制御不能となるような
破壊の為のシステムを産み出すことになる。
人類は、初めて自分たちを絶滅させることが出来る道具を手に入れた。
これこそが、人類の栄光と苦労の全てが最後に到達した運命である。


この文章はチャーチルが第一次大戦後に記したものである。皮肉なことに、この手記の内容は第二次大戦によって現実のものとなった。


第5集 世界は地獄を見た アメリカ兵 エアハルト・ダウリングウスの回想より

大きな板が釘付けされたバラックを見つけ、ドアを押し破ると、
飢え死にした人間が目に飛び込んできました。
人喰いを見たのは初めてだった。
床に死体がいくつか転がっていた。
一人が横にいる人間の尻に喰らいついていた。
そんな格好のまま二人とも死んでしまっていた。

第5集 世界は地獄を見た アメリカ兵 ディミエル・ブラックの回想より

その街に近づくと、最初に臭いがしてきました。
人間の臭いだってことはすぐに分かりました。
恐ろしいことが起こったんだ――とすぐに気づきました。
すごく静かでした。
近づくにつれ、ここの人たちに何が起こったか分かってきたんです。

これは私にとって決定的な出来事でした。
こんな事がここで起こるということは、他でも起こり得るということです。
私にも・・・他の人たちにも・・・


お察しの通り、アウシュビッツについての回想です。映像では大量の死体をブルドーザーを使って埋葬する姿も紹介されています。

このように当事者によって語られる歴史というものは大変貴重なものです。このような歴史資料を大量に用いて作られた一大ドキュメンタリーが陳腐なものとなるはずはありません。
特に第二次大戦の章では、映像技術の発達もあって、初めてカラーフィルムに収められた戦争といった側面からも構成されており、特に映像価値は高いでしょう。
スポンサーサイト
スレッド:歴史|ジャンル:学問・文化・芸術
NHK04.21(Fri)01:56コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

#42 

こういう事実をより多くの人に見せる意味でもドキュメンタリー番組クオリティが高い必要があるよね。
特にこの加古隆の音楽は名曲だね。
2006.04.23(Sun)02:10|トムス編集Top↑

#43 

NHKじゃないと思想的にも「中立」の編成が出来ないねw
加古隆さんは白い巨塔でも使われていたけど、やっぱり「パリは燃えているか」が一番だな
2006.04.23(Sun)02:29|RYO編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

映像の世紀 のトラックバック

映像の世紀 のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。