» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

#11 

今日の再放送で初めて見たよ。
面白そうだね。
まあ、そのあとやってた「アットホームダッド」も面白かったけど(笑)
2006.01.20(Fri)01:49|トムス編集Top↑

#12 確かに

アットホームダッドも面白いけど、白い巨塔は俳優陣のレベルと演技力がちがうよね
まぁ全く種類の違うドラマだけど(笑)
2006.01.20(Fri)10:28|RYO編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

#43 

白い巨塔『白い巨塔』(しろいきょとう)は、山崎豊子の長編小説。1963年9月15日号から1965年6月13日号まで、『サンデー毎日』に連載。当初、第一審までで完結の予定であったが、読者からの予想外に大きい反響のため、1967年7月23日号から1968年6月9日号にかけて「続・白い .....続きを読む
2007.07.30(Mon)15:30|あのドラマに夢中!Top↑

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

白い巨塔

sokaisin.jpg

白い巨塔は、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ(フジテレビ開局45周年記念ドラマ)。
山崎豊子原作の同名小説4度めのテレビドラマ化。近年のゴールデン枠の連続ドラマとしては珍しい半年間放送の大河シリーズで、2003年10月9日から12月11日まで第一部が放送され、2004年1月8日から3月18日までは第二部が放送された。全21回(第一部全10回、第二部全11回)。本編総時間は約18時間45分。
最終回の翌週の3月25日には特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘(伊藤英明)のその後が描かれた。また12月17日、12月24日、12月30日には3週連続で白い巨塔アンコール(総集編)が放送された。
全21話収録のDVD全8巻(ビデオテープも)が発売されている。
また、日本のテレビドラマとしては初めてアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所でロケが行われたことでも有名。1978年に田宮二郎主演でドラマ化されたヴァージョンも有名。


財前五郎(第一外科助教授) - 唐沢寿明
里見脩二(第一内科助教授) - 江口洋介
花森ケイ子 - 黒木瞳
東佐枝子 - 矢田亜希子
里見三知代 - 水野真紀
関口仁(原告弁護士) - 上川隆也
菊川昇(石川大学教授) - 沢村一樹
国平学文(被告弁護士) - 及川光博
東貞蔵(第一外科教授) - 石坂浩二
鵜飼良一(医学部長 第一内科教授) - 伊武雅刀



演技 ★★★★★
演出 ★★★★★
脚本 ★★★★
(★=1 ☆=0.5  5点満点)



「財前(東)教授の総回診です。」この言葉がまた聞けるとは・・・おとといから始まった白い巨塔の再放送。この機会に改めて「白い巨塔」についての分析を自分なりにしてみたいと思います。
白い巨塔では、俳優陣の豪華さゆえにどうしてもその演技のほうに目がいってしまいますが、演出面においても素晴らしい点が多く見られます。
特に医療現場や裁判進行の再現は現実を忠実に再現されており、専門家の間でも「リアルに再現している」と定評がありました。また音楽面では「映像の世紀」でも有名な加古隆さんが番組音楽を担当しており、シリアスなシーンを一層引き立てていました。主題歌の「アメイジング・グレイス」も財前の人生と重なる部分があり、制作陣の教養の高さ・センスの良さを感じます。
このような演出・音楽面や、放送が全21回であったことを踏まえて考えれば、このドラマは「ドラマ」というより「小出しの映画」と評するのが適切かもしれません。
余談ですが、現在放送中の「小早川伸木の恋」の初回視聴率が伸び悩んだことの救済措置として今回の再放送の決定がなされたならば、「白い巨塔対小早川」といった図式になってしまい、かえって墓穴を掘ってしまうような気がしますね・・・
スポンサーサイト
フジテレビ01.18(Wed)19:50コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

#11 

今日の再放送で初めて見たよ。
面白そうだね。
まあ、そのあとやってた「アットホームダッド」も面白かったけど(笑)
2006.01.20(Fri)01:49|トムス編集Top↑

#12 確かに

アットホームダッドも面白いけど、白い巨塔は俳優陣のレベルと演技力がちがうよね
まぁ全く種類の違うドラマだけど(笑)
2006.01.20(Fri)10:28|RYO編集Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

白い巨塔 のトラックバック

#43 

白い巨塔『白い巨塔』(しろいきょとう)は、山崎豊子の長編小説。1963年9月15日号から1965年6月13日号まで、『サンデー毎日』に連載。当初、第一審までで完結の予定であったが、読者からの予想外に大きい反響のため、1967年7月23日号から1968年6月9日号にかけて「続・白い .....続きを読む
2007.07.30(Mon)15:30|あのドラマに夢中!Top↑

白い巨塔 のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。