» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

女子アナ志望者に告ぐ

今年も新人アナの入社する季節となりました。それと同時に、春は多くの女子アナ志望の大学生が入学してくる季節でもあります。
しかしながら、多くのアナ志望の方がいらっしゃる中で、意外とこの世界についての知識がない方が多いような気がします。
例えば、素晴らしいアナウンス技術があればアナとして入社できると信じて疑わない方・・・そんなものは入社してからいくらでも矯正されますし、嫌というほど叩き込まれます。
それ以前にニュースを読めるアナ自体がごく少数であることもTVをそれなりに見ていればわかるはずです。
現在の業界が求めているのは「素晴らしいアナウンス技術を持つキャリア採用のようなアナ」より「垢抜けている即戦力」なのでしょう。
このことをよく表している資料を下に記してみます。


2006年度 局アナ内定者

※赤字は何かしらのミスコン・モデル経験・メディア露出のある方
※青字は経験なし

テレビ朝日 島本真衣:BSフジキャスター
日本テレビ 葉山みゆき
フジテレビ 本田朋子:セントフォース、キャンパスパーク、cxすぽるとキャスター
      秋元優里:ミス慶應エントリー
      松尾翠 :キャンパスパーク tvkみんなが出るテレビレポーター

TBS   出水麻衣:セントフォース キャンパスパーク ミス上智エントリー 鈴木タイムラーレポーター
      水野真裕美
テレビ東京 大竹佐知 BS朝日ニュースキャスター

北海道文化放送 藤島晶子:セントフォース ミス成蹊 鈴木タイムラーレポーター
北海道放送   佐々木佑花
宮城テレビ   武田玲子:テレ朝お天気キャスター BS朝日ニュースキャスター
仙台放送    梅島三環子:2005しずおかクィーン
テレビ金沢   竹村優香:キャンパスパーク ミス立教エントリー ニューカレドニアプリンセスコンテスト審査員特別賞
中京テレビ   我妻絵美:キャンパスパーク ミス立教エントリー BSフジニュースキャスター 豊島テレビレポーター JALビジネスのCM 
テレビ山梨   小田切いくみ:ミス宝石
山梨放送    石河茉美:あだちシティビジョン番組レポーター JOYSOUNDのCM 日テレイベコンパニオン
長野放送    多田羅理加 キャンパスパーク 準ミス日本大学 元アイドル
福井テレビ   原渕由布奈:キャンパスパーク tvkみんなが出るテレビレポーター


ほぼ全てのアナがメディア露出を経験なさっています。これでもなお、夢物語を語っているようでは、内定の可能性は大きく損なわれてしまうことでしょう。
何千人もの応募者を抱えるTV局ですから、才色兼備といった感じの受験者はたくさんいることでしょうから、そこで加点となるのが上に挙げたいわゆる勝ち組のみなさんのような経験なのでしょう。
他にも多くの事実があるのですが、ここで全てを語るのはあえてやめておきます。
スポンサーサイト
雑記03.22(Wed)14:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

局別潜在視聴率女子アナランキング

各テレビ局別・潜在視聴率ベスト3女子アナ


▼日本テレビ (1)阿部哲子(27)3.5%、(2)鈴江奈々(25)3.3%、(3)脊山麻理子(25)3%。

▼TBS (1)小林麻耶(26)6%、(2)青木裕子(23)3%、(3)小倉弘子(31)2.1%。

▼フジテレビ (1)中野美奈子(26)6.4%、(2)平井理央(23)6.2%、(3)高島彩(27)5.4%

▼テレビ朝日 (1)武内絵美(29)3.8%、(2)大下容子(35)3.5%、(3)堂真理子(24)3.3%。

▼テレビ東京 (1)滝井礼乃(24)4%、(2)大橋未歩(27)1.8%、(3)大江麻理子(27)1.3%。

※赤字は上位5人

やはりフジは強い。この一言に尽きるでしょう。
しかしながら、このランクを見て、自分が思ったのは意外な女子アナが上位に入っているということです
例えば、日テレの脊山アナ。まだまだお茶の間には浸透していない女子アナの一人だと思います。
第二日本テレビの番宣女子アナと言われれば、思い出す方もいらっしゃると思います。

44158557_170.jpg

ご覧の通り、ルックスは女子アナの中でもトップクラスではありますが、失礼ですが特筆するほどの活躍はしていなかっただけに驚きの結果でありました。

喜ばしかったのは日テレ阿部アナでしょうか。入社当初の彼女は正直、かわいそうなくらい地味で目立たなかったことをよく覚えています。のちのちの記事で阿部アナのコラムを書いた際に詳細は明かしますが、彼女の大きな成長と、努力に心から賛辞を送りたいと思います。

潜在視聴率と聞いてもいまいちピンと来ない方がいらっしゃると思いますが、要するにこのランキング上位のアナはこれから、各スポンサーから自社協賛番組を担当してほしいとの要望が多く出される可能性がある。ということです。この面々が番組改編で幅を利かせ、多くの担当番組を得ることは間違いないことでしょう。
スレッド:女子アナ|ジャンル:テレビ・ラジオ
雑記03.20(Mon)04:03コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

三宅正治

フジテレビ・三宅正治アナのプロフィールページ

三宅 正治(みやけ まさはる、1962年11月15日 - )は、昭和後期・平成期(1980年代後半~)のフジテレビアナウンサーである。今現在はアナウンス室の専任部長。
広島県広島市出身、早稲田大学商学部卒。1985年フジテレビ入社。


担当番組
すぽると!
ジャンクSPORTS
スポーツ中継(プロ野球・F1・格闘技・競馬、他)


ご存知三宅アナ。男子アナと聞くとこの人の名前を挙げる人が一番多いのでは?と思うほど数々のスポーツ中継で名言を残している。
その中でも特に印象に残っているものを引用してみたいと思う。

「外から、音速の末脚が炸裂する!フサイチコンコルド!」(1996年・日本ダービー、優勝馬:フサイチコンコルド)
「今、ターフに、最強の大王が降臨した!キングカメハメハ!!」(2004年・日本ダービー、優勝馬:キングカメハメハ)


でもやはり自分の中で最も印象に残っているのはF1サンマリノGPでのアイルトン・セナの不慮の事故の瞬間でしょう。
自分が幼かったながらも鮮明にその実況は耳に残っています。



このように三宅アナの実況は印象に残るような力強い実況が多いような気がします。このようにスポーツ番組をうまく盛り上げるようなアナは局にとっても視聴者にとっても貴重な存在です。
三宅アナが今後、どのような名言を残していくのかにも注目しながらスポーツ番組を見てみるのも面白いかもしれません。
フジテレビ男子アナ03.08(Wed)00:23コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。