» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

白夜行

byakuya.jpg

「白夜行」は、幼い頃に父親が初恋の少女・雪穂を買春する現場を見た少年・亮司が少女を助けるため父親を殺害。母親から売春をさせられていた雪穂もまた亮司をかばうために母親を手にかける。亮司は消えない傷を背負った雪穂の人生に光をあてるため、闇の世界に生きることを決め、数々の犯罪に手を染めていく。雪穂もうそで塗り固めた人生を歩む。あまりにも残酷な運命を与えられた2人が手をとって生きていく姿を描く。
出演は2004年のテレビドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で共演した山田孝之と綾瀬はるかのコンビ。また、脚本、プロデューサーも同じメンバーで、主題歌も柴咲コウが担当する。

キャスト

桐原 亮司(きりはら りょうじ) - 山田孝之(18歳、25歳)
幼少時代(11歳) - 泉澤祐希
唐沢 雪穂(からさわ ゆきほ) - 綾瀬はるか(18歳、25歳)
幼少時代(11歳) - 福田麻由子
松浦 勇(まつうら いさむ) - 渡部篤郎(特別出演)
篠塚 一成(しのづか かずなり) - 柏原崇
古賀 久志(こが ひさし) - 田中幸太朗
園村 友彦(そのむら ともひこ) - 小出恵介
菊池 道広(きくち みちひろ) - 田中圭
唐沢 礼子(からさわ れいこ) - 八千草薫(特別出演)
笹垣 潤三(ささがき じゅんぞう) - 武田鉄矢

原作:「白夜行」東野圭吾著(集英社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:石丸彰彦
演出:平川雄一朗、那須田淳、石井康晴
音楽:河野伸
音楽プロデュース:志田博英
制作協力:オフィスクレッシェンド
制作:TBSテレビ
製作・著作:東京放送(TBS)



演技 ★★★★
演出 ★★★★☆
脚本 ★★★☆
(★=1 ☆=0.5  5点満点)



今期ドラマでは間違いなくNo1の作品となるであろう。
正直、このドラマの本編を見る前は「またセカチューみたいなミーハードラマだろ・・・」となめてかかっていたが、本編を見ていてその予想が間違いであったことをすぐに知らされた。
まず、作品内容が深い上に重い。単純な恋愛ドラマではなく、さまざまな欲望や人間関係が渦巻いている。その中でも刑事役を演じる武田鉄矢の演技が抜群に渋いのが印象的であった。その演技力には脱帽である。
演出面においては音楽が良い。全体的に暗いドラマではあるが、要所要所で微妙な雰囲気の違いをうまく表現しており、感情移入がしやすい環境を作り出している。
よく言われるのが綾瀬はるかの演技力の無さだが、第2回を終えた時点では「世界の~」出演時よりも演技力がついてきたような気がする。まだまだこの先は長いので、彼女の演技にも注目していきたいところである。
スポンサーサイト
スレッド:白夜行|ジャンル:テレビ・ラジオ
TBS01.20(Fri)11:00コメント(0)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

爆笑問題のバク天!

10003228394.gif

爆笑問題のバク天!(ばくしょうもんだいのバクてん)は、TBSテレビで毎週土曜19時00分~19時56分(JST、テレビ山口以外)に放送されている爆笑問題のMCによる冠番組でありバラエティ番組。
「どうぶつ奇想天外!」の人間版をコンセプトに作られた番組。
毎回、視聴者が投稿した、おかしくてとんでもない人々を各コーナーで紹介する。これらをレギュラー審査員とゲスト審査員が審査、一番面白かった作品の投稿者には「バク天大賞」(バク天大賞は何故か現在は行われていない。)が授与され、番組キャラクター「バク天くん」グッズが進呈される。
2003年10月11日放送開始。なお、放送開始になった理由としては、2002年10月12日から同じ時間帯で放送されていた「筋肉番付」を引き継いだ「体育王国」が、古舘伊知郎出演の「報道ステーション」(テレビ朝日系列)を専念するため、9月までの1年間で放送終了となったことがあげられる。また、年末および正月・4月・10月には2時間スペシャルの「大バク天!」が放映される。


構成 : おちまさと、高橋洋二、都築浩、樋口卓治、中野俊成、鮫肌文殊、とちぼり元、秋葉高彰、野口悠介、寺田智和、西野直樹、林賢一、安部裕之


笑いの回数 ★★
笑いの爆発度 ★★★
企画力 ★★ (以前は★★★★)
内輪度 ★★★☆
(★=1 ☆=0.5  5点満点)



最近はHGの企画やスタジオでの内輪企画が中心となってきており、当初の番組の趣旨から大きく逸脱してしまっている感がある。投稿企画が番組の良さだったにも関わらず内輪番組になってしまったのは残念である。昔の「投稿!特ホウ王国」などに見られる視聴者参加型の流れを汲む数少ない番組だけに今後の挽回に期待したい。
さらに言えば爆笑問題の良さも今の番組内容では出し切れていない感がある。爆笑問題は「爆笑問題の学校VOW」などを出版するほど、素人投稿ネタをいじるのが好きなのだから、以前の視聴者投稿型が爆笑問題にとって最もやりたい番組ではないだろうか?
TBS01.18(Wed)07:52コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。