» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

長谷川豊

フジテレビ・長谷川豊アナのプロフィールページ

長谷川 豊(はせがわ ゆたか、1975年8月12日 - )は、奈良県出身のフジテレビアナウンサー。血液型B型。身長 178cm。入社1年目に結婚。2児の父親でもある。日生学園で高校時代を過ごし、立命館大学産業社会学部卒業後、1999年入社。

担当番組
とくダネ!
スーパー競馬
F1グランプリ
中央競馬ダイジェスト


現在のフジ男子アナの中で最も自分が注目しているのが長谷川アナですね。フジテレビといえば逸見さんや露木さん、現在の三宅、佐野、伊藤といった、濃い顔ぶれのテレビ局という印象がありましたが、現在のフジ男子アナは良くも悪くも真面目なイケメンキャラが多く、刺激があまりなかったのですが、これまで、地味なスポーツアナというイメージだった長谷川アナが毒舌キャラとして出るようになってからはなかなか面白くなってきました。

68237.jpg

以前のめちゃイケ内での若手女子アナに対しての「帽子にサングラスでお前はスターか!」「うちの女子アナの勘違いっぷりにはあきれはてている」発言などはなかなかインパクトがあり、それから長谷川アナの知名度はそこそこ上がっているのではないでしょうか。今回の27時間テレビ内でも毒舌キャラで登場していたので、これからは毒舌キャラで通していくようですし、長谷川アナにはこれからも注目していきたいと思います。
ちなみに、長谷川アナはめちゃイケ内にて「フジテレビはチョーシに乗ってますから!」などフジテレビ自体を批判するようなネタを言っていたのですが、これもなかなか珍しいことだと思いますね。フジテレビといえば、「なまか(笑)」意識が強く、とんねるずの「ダーイシ」ネタのような身内マンセー体質があるので、ある種、挑戦的な発言でした。

スポンサーサイト
フジテレビ男子アナ08.01(Wed)22:41コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

佐野瑞樹

フジテレビ・佐野瑞樹アナのプロフィールページ

佐野瑞樹(さの みずき、1971年12月9日 - )は、フジテレビの男性アナウンサー。静岡県富士市出身。早稲田大学人間科学部卒業後、1994年にフジテレビに入社した。ニッポン放送アナウンサーの垣花正と同年齢であり、両人共に早稲田大学出身。
2000年10月に当時テレビ静岡のアナウンサーだった戸塚貴久子と結婚した。しかし、2004年3月に離婚。2004年7月24日の27時間テレビでとんねるず石橋貴明に生放送中に「離婚しちゃったんだって?」と暴露された。2004年8月13日に離婚を正式発表している。
2005年のFNS ALL-STARS あっつい25時間テレビやっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!で、ドイツ連邦共和国・フランクフルトにある大人の遊園地、ザ・パレスにて、アルゼンチン出身の女性と対戦していたということも発覚、事実はどうあれ、上司に大目玉を食らい、アナウンサー倫理を問われることになった。


担当番組
晴れたらイイねッ!Let'sコミミ隊
プレミアの巣窟
めちゃ²イケてるッ!
その他、野球中継、バレーボールのスポーツ実況など。


佐野アナは現在のフジテレビアナウンサー陣の中で最もバラエティ向きのアナであるだろう。担当番組こそすくないものの、フジバラエティといったら佐野アナ。というくらいに存在感がある。
しかしながら、バラエティ番組以外ではあまり活躍する場面は見られない。スポーツ中継を担当するものの、評判はあまりよくないようだ。
バラエティの話に戻せば、めちゃイケの中で「フジテレビバラエティアナのエース」とナイナイに評されたのは記憶に新しい。微妙にアミーゴ伊藤とキャラがかぶり始めたので何か新しい武器を持つことが急課題だろう。



今回のオールカマーの実況はひどかったですね(笑)
上でもスポーツ中継の評判が良くないことは書きましたが、今回の実況に関しては批判されてもしょうがないですね。わかっているだけでもこれだけの間違いがあったそうです。

①「デラデラノビア」
※正しくはディアデラノビア

②「エアシェイデイ、外からエアシェイデイ」
※正しくはエアシェイディ

③「このあたりから動いてくる車が...」

④「勝ち時計2分11秒...2分12秒1...」


(06/9/26加筆)
フジテレビ男子アナ09.26(Tue)17:57コメント(1)トラックバック(2)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

青嶋達也

フジテレビ・青嶋達也アナのプロフィールページ

青嶋 達也(あおしま たつや、男性、1965年8月12日~)は、フジテレビアナウンサー。静岡県出身。静岡県立浜松北高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。血液型B型。サッカー番組などでは「マルカトーレ青嶋」と呼ばれることも多い。同期の八木亜希子などからは、「青ちゃん」と呼ばれている。

担当番組
FOOTBALL CX
スーパー競馬
各種スポーツ中継


個性派揃いのフジテレビ男子アナでも根強いファンが多いアナの一人。
その実況ぶりはまさに熱狂そのものである。実際に有名な実況の中からひとつ紹介してみようと思う。



この動画を見れば気づくように、青嶋アナの実況は淡々としたリズムから始まり、最後には絶叫といったパターンが多い。
この実況に関しては好き嫌いが別れると思うが、日テレの船越アナの絶叫はよくネットで叩かれているが、青嶋アナの実況は似ている部分がありながら、叩く人よりも青嶋待望論者のほうが多い印象を受ける。ある意味で信者が多いのが青嶋アナの特徴である。
実は自分も青嶋信者の一人である。自分が青嶋アナのファンになった理由としては以下のことがある。

①取材や実況に関する下調べを入念に行っている
②ヴィエリの声に見られるような七色の声
③スポーツ選手への敬意

「ヴィエリの声?」と思ってしまう人もいるかもしれないが、これはセリエAダイジェスト内のセリエAを担当していた青嶋アナが、選手のキャラにあった声を使って実況していたことに始まる。その中でヴィエリを野性味あふれる雄叫びキャラとしたことで、「ヴィエリの声」といえば青嶋アナとなっている。
③については仕事に関係なく、サッカー好きである青嶋アナは選手に対して愛情をもって実況しており、場合によっては選手の母国語を使って取材を行っていることから感じ取ったものである。
フジテレビ男子アナ04.27(Thu)00:33コメント(3)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

三宅正治

フジテレビ・三宅正治アナのプロフィールページ

三宅 正治(みやけ まさはる、1962年11月15日 - )は、昭和後期・平成期(1980年代後半~)のフジテレビアナウンサーである。今現在はアナウンス室の専任部長。
広島県広島市出身、早稲田大学商学部卒。1985年フジテレビ入社。


担当番組
すぽると!
ジャンクSPORTS
スポーツ中継(プロ野球・F1・格闘技・競馬、他)


ご存知三宅アナ。男子アナと聞くとこの人の名前を挙げる人が一番多いのでは?と思うほど数々のスポーツ中継で名言を残している。
その中でも特に印象に残っているものを引用してみたいと思う。

「外から、音速の末脚が炸裂する!フサイチコンコルド!」(1996年・日本ダービー、優勝馬:フサイチコンコルド)
「今、ターフに、最強の大王が降臨した!キングカメハメハ!!」(2004年・日本ダービー、優勝馬:キングカメハメハ)


でもやはり自分の中で最も印象に残っているのはF1サンマリノGPでのアイルトン・セナの不慮の事故の瞬間でしょう。
自分が幼かったながらも鮮明にその実況は耳に残っています。



このように三宅アナの実況は印象に残るような力強い実況が多いような気がします。このようにスポーツ番組をうまく盛り上げるようなアナは局にとっても視聴者にとっても貴重な存在です。
三宅アナが今後、どのような名言を残していくのかにも注目しながらスポーツ番組を見てみるのも面白いかもしれません。
フジテレビ男子アナ03.08(Wed)00:23コメント(1)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

田中大貴

フジテレビ・田中大貴アナのプロフィールページ

田中 大貴(たなか だいき、1980年4月28日 - )は兵庫県小野市出身のフジテレビアナウンサー。2003年入社。血液型は、A型。
慶応義塾大学時代も野球部に所属し、2002年度に東京六大学春季リーグの慶応の4番打者でホームラン王のタイトルホルダーに。米大リーグ・インディアンスの多田野、西武の岡本、ヤクルトの石川からもホームランを打っている。 松坂世代だが、高校野球で甲子園には出場していない。兵庫県立小野高等学校時代は主将で2年生時から4番。兵庫県大会では、春ベスト4、夏ベスト8。ブラジル選抜VS兵庫選抜の4番バッター。兵庫県高校野球優秀選手に選ばれた。大学4年次の慶早戦で和田毅に全く歯が立たず、プロ入りを断念。フジを志望した動機について、「祖父が暮らしていた神戸に似たような海を感じれる場所だったから」とホームページで話す。


担当番組
スタメン
「BSフジNEWS」(BSフジ)
FNNレインボー発(火曜20:54~)


フジ男子アナ成長株の一人。スポーツ系アナながら安定したアナウンス能力を持っている。以前、EZTV内にて元TBSアナの有馬さんがアナウンサーを辞め、大学時代からの夢であるアメフト選手になったことを受けての取材の際には自らの持ち味を生かした密着取材ですばらしいドキュメントを作り上げていた。
このことからわかるように、体育会出身の田中アナには、やはりスポーツ番組が似合う。「すぽると!」のプロ野球キャンプ取材の際には是非、田中アナを起用していただきたい。
フジテレビ男子アナ01.15(Sun)19:08コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。