» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

小松純也

小松純也(こまつ じゅんや 1967年 - )はフジテレビジョン編成制作局編成部主任、劇団そとばこまちの劇作家。京都大学卒、1990年フジテレビ入社。 フジテレビジョン入社前の「劇団そとばこまち」在籍時には放送作家として活動。ラジオ大阪の「おっと!モモンガ」パーソナリティを務めた。
フジテレビバラエティ制作内荒井班・吉田班双方の大幹部。ダウンタウン、タモリ、明石家さんま、SMAP(特に木村拓哉)、笑福亭鶴瓶、ウッチャンナンチャン、久本雅美他大物タレントに指名され「業界タレント人気No.1」ディレクターとも言われる。特に松本人志の右腕として「ごっつええ感じ」内村光良と「笑う犬」と、コント演出にかけては日本の第一人者。独特の感覚で数々先鋭的な番組を演出・企画するが視聴率を取らないことでも有名。

手掛けた番組
さんタク(プロデューサー・演出→演出)
お台場明石城NOMAD(プロデューサー・演出兼務→編成)
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
カスペ!「ニッポン列島緊急特番ザふるさとランキング格付けスペシャル」(総合演出→編成)
奇跡体験!アンビリバボー
もしもツアーズ
トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~(監修)
ダウンタウンのごっつええ感じ(演出)
一人ごっつ(演出)
松ごっつ(演出)
森田一義アワー 笑っていいとも!(ディレクター→PD)
SMAP×SMAP(ディレクター→2代目プロデューサー)
笑う犬シリーズ(演出→2代目プロデューサー)
平成日本のよふけ(演出・プロデューサー)


小松さんもまた、自分が尊敬しているテレビマンのうちの一人である。業界ではタレント指名NO1とも言われるほどの売れっ子ディレクターである。
まず上に示した過去の担当番組を見てもらいたい。多くが自分が大好きな番組であり、ビデオが擦り切れるほど見ていたものばかりである。
小松さんを個人的に尊敬する理由としては、自らの「作品」である番組に対する愛情と熱意。これである。当たり前のことに聞こえるかもしれないが、ここまで自身の「作品」に熱意とプライドを持っている業界人は少ないことであろう。
小松さんも飛鳥さんと同様に独自の演出方法をとっている。小松さん自身が劇団で作家を務めていたこともあり、タレントに自ら演技指導をすることもよくあるそうである。これは並のディレクターでは出来ないことである。
こういった場合はタレントがプロである以上、いくら業界人といえども口を出すことはどうしても出来ない雰囲気が出来ている。しかし、小松さんはその域を超えてそれを実践している。これはタレントからの信頼を受けていることの証に他ならないだろう。
話がそれてしまったが、番組に対するこだわりに関しては小松さんはすさまじいものがある。事実、御影屋での高須さんとの対談でも視聴率に固執せず、自分の納得できる番組をつくりたいという姿勢を熱く語っている。個人的な話になるがこのポリシーは自分の座右の銘である「100人の微笑みより1人の爆笑」に少なからず共通する部分があり、小松さんには失礼だが、非常に親近感が湧いてくる。
こういった点や番組に対する熱意とプライドが小松さんが業界人気NO1ディレクターであるとともに、自分が尊敬するディレクターである理由である。
スポンサーサイト
スレッド:TV|ジャンル:テレビ・ラジオ
テレビマン05.23(Tue)22:15コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

片岡飛鳥

片岡飛鳥(かたおか あすか、1964年10月24日 - )はフジテレビジョン編成制作局バラエティー制作センター副部長の演出家、プロデューサー・ディレクター。東京都町田市出身、血液型O。めちゃイケのほか、はねるのトびらを作る片岡班(吉田正樹班から分班)を率いる。
「オレたちひょうきん族」に憧れ、早稲田大学卒業後1988年にフジテレビ入社。念願叶い入社後即ひょうきん族のADに。
「新しい波」でナインティナイン・よゐこ・極楽とんぼと出会い、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」が出演者の死亡事故で打ち切り後、「とぶくすり」→「めちゃ2モテたいッ!」→「めちゃ2イケてるッ!」と着実にステップアップ。出演者とともに、平成の土曜20時お笑い伝説を築こうと日々まい進している。また、後進を育成している「はねるのトびら」を監修(2004年3月末までは、総指揮)している。

手掛けた番組
「オレたちひょうきん族」AD
「夢で逢えたら」AD
「笑っていいとも!」AD→ナインティナイン出演時よりディレクター
「ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば」AD
「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」
「新しい波」
「とぶくすり(Z)」
「殿様のフェロモン」
「今田耕司のシブヤ系うらりんご」(今田耕司司会)
「天使のU・B・U・G」
「新しい波8」
「FNS27時間テレビ 楽しくなければテレビじゃないじゃ~ん!!めちゃ2オキてるッ!(2004年7月24日、25日放送)」総合演出など


自分が尊敬しているテレビマンの一人であり、自分がディレクターという職業を目指すきっかけを与えてくださった人物である。
主観的な部分や友人からの情報も含めて、飛鳥さんの何がすごいのか少しづつ書いていこうと思う。

①オリジナリティ
今でこそバラエティ番組にテロップや挿絵、効果音はつきものであるが、その基本形を作りあげたのが「めちゃイケ」であり、「総監督:片岡飛鳥」なのである。ある種、現在のバラエティの演出の基礎を作ったといってもいいだろう。

②プロ意識
「ディレクターは(番組について)全部説明できなくちゃいけない」
これはタレントのポテンシャルの全てを引き出すために必要な行為である。もし、タレントが「これは何に使うの?」と思ったならば、「これは~で、~だから面白いんです。」と説明できなければならない。なぜなら、それについて答えられるということはスタッフの自信の表れでもあり、現場を実際に使うタレントの不安を取り除くことにも繋がる。
それにより、現場が「お笑い」に集中できる環境が生まれるのである。
※高須さん曰く「これが出来るディレクターは少ない。」

③後輩の育成
多くの優秀なディレクターというのは優秀であるがために「ワンマン」になりがちなそうである。しかし、飛鳥さんは後輩の育成(指導)を大切にしており、実際、その「弟子」たちが数々の番組を担当し始めている。同業者に手の内を見せてまで後輩の指導をするのはなかなか出来ることではない。

④裏方に徹する
近頃では、自分の番組に出たがるスタッフというものが見られる。それが悪いこととは思わないが、やはり、餅は餅屋というように、タレントではない、「セミプロ」が画面に出るのは自粛すべきである。
飛鳥さんは自分の番組や雑誌などには出たがらないため、飛鳥さんの風貌は生放送などで、一瞬「間違って」映ってしまっただけで、謎な部分が多い。
スモウライダーで指令を出していたのも飛鳥さんだと言われているが(圭ちゃんの言葉遣いから推測)、その時の「声」も変化させて、誰の声か認識できないようになっていた。

⑤タレントを育てる
今でこそナイナイや極楽、よゐこなどはメジャーな芸人であるが、「とぶくすり(Z)」の頃では、彼らは一部の人間にだけ名が知れた芸人のうちの一部分にすぎなかった。
そんな彼らを起用し、現在の「めちゃイケ」の活躍まで彼らを引導した飛鳥さんの功績は大きい。

⑥信頼
「FNS27時間テレビ 楽しくなければテレビじゃないじゃ~ん!!めちゃ2オキてるッ!(2004年7月24日、25日放送)」で鶴瓶師匠が、「飛鳥~!!」と大声で叫んだ場面が印象的であった。スタッフ全員へ向けたメッセージとは別に飛鳥さんへ感謝の気持ちを表したかったのかもしれない。
飛鳥さんが重要なポジションにいたために起こった行為かもしれないが、「出たがり」でない飛鳥さんの名前をわざわざ呼んだのは鶴瓶師匠の心から出た感謝の言葉だと自分は思っている。

⑦長文
主観的な文をだらだらと書いてしまったが、もしここまで読んでくださった方がいたとしたら、それこそが飛鳥さんのすごさである。いちディレクターにこれだけの関心を持ってくださるということはなかなか無いことであろう。
テレビマン04.19(Wed)15:24コメント(5)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。