» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

RYO

Author:RYO
画像や記事内容等などの掲載情報に問題がありましたら、ご手数をおかけしますが、連絡先のほうへご連絡ください。早急に削除いたします。
なお、画像等は私的目的にのみ使用しており、営利、著作権、肖像権の侵害を目的にするものではありません。関係者各位の皆様には何卒、ご理解をいただきたいと思います。
また、基本情報に関してはウィキペディアから引用させていただいております。

連絡先
bakushosenyo@yahoo.co.jp


ニュース

天気予報

時事英語

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

タモリ

05_4_photo.jpg

タモリ(本名:森田 一義、もりた かずよし)、1945年8月22日 - )は、タレント・お笑いタレントである。福岡県福岡市出身。「タモリ」自体が芸名と同時に一種の愛称である。
特定の師匠や修行経歴を持たず、素人芸を極めて一家を成した珍しいタイプのエンターテイナーである。ビートたけし・明石家さんまとともに、日本のお笑い芸人BIG3の一人といわれる。
福岡市立高宮中学校、福岡県立筑紫丘高等学校を経て早稲田大学第二文学部除籍(本人は中途退学ではなく「除籍」と強調)。1986年にユーモア大賞を受賞している。
血液型:O。田辺エージェンシー所属。女優の伊佐山ひろ子は従妹。
また、彼が出演している番組で、「森田一義アワー笑っていいとも!」(フジテレビ系)、「タモリ倶楽部」、「MUSIC STATION」(いずれもテレビ朝日系)は20年以上続いている長寿番組である。

デビュー以前
「しばしば押入に潜り込み、韓国や中国からのラジオ放送を長時間聴いていた」という。これが、元祖の藤村有弘以来と言われた「インチキ外国語芸」へとつながった。
ボウリング場の支配人だったとき、コンサートのため福岡を訪れたジャズピアニストの山下洋輔と知り合う。ファンであったことから山下たちの宿へいきなり押しかけたタモリを、バンドのサックス奏者である中村誠一がインチキ朝鮮語で叱ったところ、タモリがそれより上手なインチキ中国語で返答したために双方が意気投合したという。タモリはこのとき名前を聞かれ「森田です」とだけ告げて立ち去るが、博多のジャズバーで後日発見され、新宿ゴールデン街の伝説のバー「ジャックと豆の木」の常連のカンパによって上京した。「ジャックと豆の木」で開かれた独演会に臨席した常連の一人である漫画家の赤塚不二夫は、「この男を博多に帰してはいけない」と自らの家に居候させることで引き留めた、とされる。この間、赤塚は仕事場のロッカーの上で寝ていた、らしい。

私生活
多才、多趣味人としても知られ、音楽以外にも鉄道や船舶、BCL、アマチュア無線(コールサインはJA6CSH、現在は失効)、福岡藩伝柳生新影流居合道、料理、ダム、オーディオなどに造詣が深い。植草甚一の死後、膨大なレコードコレクションの散逸を防ぐために、その全てを一括して引き取ったことでも知られる。週末は沼津のマンションに泊まり、釣りを楽しんでいるという。
「笑っていいとも!」のゲストが原田芳雄だった時、二人の対談は終始鉄道の話だけで終わった。鉄道路線の中では常磐線が、鉄道会社では京浜急行電鉄が好きらしい。ゲームソフト『電車でGO!』でのプレイは、自他が認めるほどハイレベルである。
2000年には、山野勝と日本坂道学会を結成し副会長を自称する。同会副会長として、TOKYO1週間誌上に『TOKYO坂道美学デートNAVI入門』を連載している。
鯖の塩焼きが好物、牛乳・セロリが苦手、ミュージカルが大嫌い。自ら日本一の変態であることを公言し、「日本変態協会」(NHK)会長を名乗る。特殊なスケベであり、自ら「俺はオッパイ星人」と大の乳房マニアであることも公言している。船が好きだが恋愛物ドラマは苦手で、『タイタニック』を観るのを悩んだという。
フジテレビ系列の水曜夜のバラエティ番組『トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~』で「ガセビアの沼」のコーナーがあるが、そのコーナーの検証VTRに出演の女優緒川たまきの「ウソつき」の演技が好きであり、高橋克実・八嶋智人とともに話の本筋を忘れてはしゃぐほどである。


自分が一緒に仕事をしてみたいタレントの一人。
文章中の赤字で示したような、一般の方には「しょーもない」の一言で片付けられてしまうようなエピソードが自分の心を離さない。これはみうらじゅん氏やいとうせいこう、はたまた伊集院光にも言えることで、くだらないことを大人が本気になってやるような企画が自分は大好きである。
たとえば、タモリ倶楽部の地図・電車企画やみうらじゅん仏像拝観などは特に自分のお気に入り企画である。というのも、これらの企画はもともと、万人に受けようとしてはいない。一部コア層を狙い撃ちにし、その層の人々にはバカウケするように企画されている。
自分の持論で申し訳ないが「100人の微笑より1人の爆笑」というのが自分の中にある。(こんな考えでは深夜番組しか作れないが・・・)
それらの考えを現実に実行しているのがここに挙げたような方々であり、自分の中では敬愛の念を抱いている。
そんなタモさんの「すごさ」を表すような企画がネット上で公開されているのでここで紹介しておきます。


つぎはぎニュース
http://www.geocities.jp/tamori_news/index.html

韓国・北朝鮮の構内放送
http://www.geocities.jp/mischier2000/tt.htm
スポンサーサイト
スレッド:タレント|ジャンル:アイドル・芸能
タレント01.30(Mon)21:41コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。